8月26日(日)、以前からこちらのブログでもご紹介させて頂いている
  自主上映映画 「うまれる」 に行ってきました。

   ev6_img03.jpg

   ワタシ(hori)は、午前の部/10時からの上映会に行ってきました。
   会場は、井原線川辺宿駅のすぐお隣、「まびいきいきプラザ」です。
   こちらの会場は昨年4月にオープンした、とっても綺麗で開放的な施設です。

   到着すると会場入り口にはスタッフの方がお出迎えして下さっていました。
   (当日はカンカン照り、真夏日です。暑い中、お疲れ様でした。)

   スタッフの皆さんは、白いお洋服で統一されていて(未確認ですが、きっとそうだったと思います)
   皆さん、にっこり笑顔で迎えてくださいました。

   チケットの受付け時には、スタッフの皆さん手作りの「ままくる新聞」を頂きましたが、
   その内容にびっくり、にっこり、お疲れ様

    DSC_0157.jpg
    
    スタッフの紹介、子育てに関するいろいろ、協賛各社の広告・・・などなど
    協賛の数は50近くありました~これだけの数の協賛が集まったのは、本当に
    スタッフの方々のご尽力の賜物だと思われます
    『わくわくキッズ☆キッチン』も少しでもお役に立てていたなら幸いです
    
    そして、ままくる新聞の中にはいろいろな広告、チラシ等がたくさん。
    DSC_0158.jpg
    見ているだけで、あれも行きたい、これも行こう、と欲張りなワタシです。
    ままくる新聞の内容や厚みからもスタッフの皆様の想いやご苦労が伝わってきました
    
    会場内に入ると整然といすが並べられ、おもちゃコーナーや壁新聞クイズなど和やかな雰囲気。
    ママさんタイム(子どもさんも一緒に見ることが出来ます。)で上映されるので、あちらこちらに
    可愛いバブちゃんやヨチヨチ赤ちゃんの姿が見られました

    スタッフの皆さんの想いが引き寄せた、あたたか~い雰囲気で満たされています。

    そして、いよいよ上映開始。ワタシは前の方に座らせてもらったので、ふと後ろを振り返ると
    DSC_0154.jpg
    チケット完売の満員でした。ご家族、男性の姿もおおく見られました。

    映画が始まると、あちらこちらですすり泣く声、ハンカチで涙をぬぐう方々・・・
    
    この映画はドキュメンタリーなので、登場される方々は実在されます。
    それぞれの「うまれる」に向き合われている姿のドキュメンタリー。

    ワタシも映画を観るのは2回目ですが、やっぱり自然と涙がでてきます
    それは、同情なのか感動なのか本能なのか、分かりませんが、おそらく何も感じない方は
    この上映会とはご縁されていないんでしょうね。

    偶然にも、上映日26日は毎年恒例、24時間テレビの日と重なっていました

                   命 ・ 絆 ・ 想い
    当たり前すぎて、ついつい見過ごしてしまう日常に気持ちをおいて考えるきっかけを
    たーくさんもらえた一日となりました。

    改めて・・・
    スタッフの皆様、ステキなご縁を頂きありがとうございました。
    
    ままくるスタッフの皆さんの想いとパワーがきっと、また次のご縁に繋がっているでしょうね
    
   
                                        by hori





関連記事
スポンサーサイト

9月の教室について

「君のセンスでみそ汁作り」 in 「食育フェア」

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。