2013年7月 第89回「わくわくキッズ☆キッチン」開催のお知らせです

第89回 わくわくキッズ☆キッチン  『ごちそうイタリアン
                  スパゲティナポリタン・じゃがいものガレット・コブサラダ


  日 時 :  2013年7月6日(土)14日(日) 各日ともに午前&午後 
          午前(9:20~) / 午後(13:20~)

  場 所 : ライフパーク倉敷 1階調理室

  参加費 : ¥1300/1名につき (対象年齢 5歳~小学6年生)

  お申込み方法 : 教室携帯メール wakux2_kids@ezweb.ne.jp にて

  お問い合わせ : 当教室へ参加をご希望の方は教室の名簿へ登録して頂きます。
           詳しくはホームページをご参照下さい。
           お電話でのお問い合わせも受付けています。
           080-6330-9887(非通知不可)


   現在、7月6日(土)午前以外、空きがあります。
    まだまだお申込み受付中ですので、皆様のご参加おまちしています
スポンサーサイト

平成25年6月15日(土)16日(日) 第88回 わくわくキッズ☆キッチンが開催されました。

お知らせしたとおり、6月は『食育月間』

今年は、岡山備中県民局さん、倉敷市農林水産課さん、JA倉敷かさやさんからの
ご依頼により、連島ごぼう抜き体験付きの教室となりました。

題して、『連島ごぼうを食べつくそう!!


通常のお料理教室の前後に連島ごぼうの畑に行き、実際に自分の手で連島ごぼうを抜く!!


 2013061614160002.jpg   2013061614160001.jpg   IMG_2230.jpg



子ども達はもちろんの事、保護者の方も含め、ドキドキわくわくの体験となりました。


色白でみずみずしく、柔らかい・・・そんな連島ごぼうを使ったメニューはこちら

          連島ごぼうを食べつくそう!
   ごぼうピラフ・ごぼうのポタージュ・ごぼうのラグーソースパスタ・ごぼうチャンプルー・大学ごぼう

すべてのお料理にたくさんの連島ごぼうが使われていて、まさしく・・・
『連島ごぼうをたべつくそう!!』のテーマにそったメニューとなりました。


それぞれのメニューで切り方を変え(ささがき・みじん切り・薄切り・乱切り・・・)、同じ食材(ごぼう)でも切り方ひとつでいろんな食感や味が楽しめることを勉強しました

通常の教室よりも品数が多いうえ、ごぼう料理はしっかりと「そしゃく」噛まなければいけません。
食べるのにも多少時間もかかります。
参加人数もMAXでいつも以上に子ども達のカラダにもハードな教室となりました。

でも、いつもの光景ですが、みーんなしっかり完食。教室では、食べ残しはほぼありません。
どんなに疲れていても、立ちっぱなしで足が痛くても、食べるときには元気が戻っています。
子ども達のパワー&エネルギーはすごいですね

今回は、土曜日は雨降り、日曜日は快晴と極端なお天気で、子ども達はともかく、
付き添われたお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが大変だったと思います。
お疲れ様でした。
そんなお天気の中でも、生産者の方々は自然にあわせて農作業をされていること、人間の勝手都合が
なかなか通用しない事など子どもさんとお話いただけたら嬉しいです。

生産者の方やJAかさやさんのお話から、まな板にあがる前のたくさんの方の想いやご苦労が
保護者の方も一緒に体験できて、カラダは疲れていてもココロが満タンの教室になったと思います。



土曜日の教室には、倉敷ケーブルTVさん、山陽新聞さんが取材に来られましたよ

conv0004.jpg conv0005.jpg DSC_0365.jpg

倉敷ケーブルTVさんは、6月20日(木)KCTワイドにて放映されました。
KCTさんをご利用の方はこちら  KCTワイドでご覧ください

山陽新聞さんは、6月18日(火)の新聞に掲載されていました

大森さん、ミズシマさん、お世話になりました

今回、たくさんの方々のご協力を頂き、教室が開催されました。
このような機会を頂きました、岡山備中県民局さん、倉敷市農林水産課さん、JA倉敷かさやさん、
圃場の三宅さん、改めまして、本当にありがとうございました。


子ども達、保護者の方から、『連島ごぼう美味しい~』『ごぼう掘り楽しかった~』・・など
たくさんの感想も頂きました。 一部ご紹介させていただきます。


                           


   
 ごぼう料理すべて美味しかったです。
ごぼうを食べない○○が全て食べていたのでビックリしました。
今夜もラグーパスタが食べたいと言っていました。連島ごぼうは柔らかくて
すごく食べやすく美味しいです。これからは、連島ごぼうのメニューを取り入れたいと思います。
ごぼう抜き体験もすごく楽しくていい経験になりました。ありがとうございました。(小1男の子)

 ごぼうのお料理とてもおいしく、大学ごぼうとごぼうピラフが気に入ったようで、
自分で作ると意欲を燃やしています。
ごぼう抜き体験では、貴重な体験をさせて頂きとても楽しかったです。(小2女の子・小1男の子)

 久々の料理教室に大興奮で色々教えてくれました。
ごぼう抜きも楽しかったようで貴重な体験をさせてもらいました。
主人も子どもの料理を食べて、“超美味しかった~”と絶賛して、ごぼうがこんなに美味しかったとは
知らなかった・・・と言っていました。また是非、作ってみようと思います。
(小4女の子・小2男の子女の子)

 いつもお褒めの言葉を頂いて、親子ともども満足感一杯で帰ってきます。
今日は“ごぼう掘りがすんごく楽しかった~”と言っております。
やはり土いじり、自然は子どもにも大人にも大切です。
料理は毎度、子どもの成長を感じさせられます。普段の生活面が、人前に出ると言うか、
これで子育て大丈夫なのかな?と不安に思っていても、あっ大丈夫だなって、安心感を得ます。
親として明日からまた頑張れます。ありがとうございました。(小2男の子・年長女の子)

 今日はとても貴重な体験をありがとうございました。
ごぼうも色々な料理に変身できるんだと感心しました。ポタージュにもなるんですね!
スープなんて考えも付かなかったです。
いつも楽しい驚きに出会える教室で、子ども以上に私が楽しんでいます。
○○は大学ごぼうが最高だったそうです。どの料理も美味しかったです。(小5女の子)

我が家は、ごぼうピラフと大学ごぼうが一番美味しかったと大興奮で話してくれました。
ごぼう抜きは、普段畑に入ることができないわが子たちにとって、土と戯れるだけでも嬉しい事
だったようです。JAかさやさんに抜き方を教わりながら何本もとる事ができました。
200点満点!ステキな嬉しい教室をありがとうございました。(小5女の子・小3男の子)

 ごぼう料理とごぼう抜き楽しかったです。
ひとつの材料からいろんな料理に変わる楽しさやその材料がどんな風にして出来ているかなど、
とても勉強になりました。
一日かかったので若干疲れてましたが、それ以上に楽しかったみたいです。
家に帰っても、ササガキしたいって、ササガキブームです(笑)ありがとうございました。
(小2女の子)


                           


一部しかご紹介できないのが残念ですが、本当はこれ以上、たーーーくさんの方から
感想を頂きました。
学校の宿題の日記に書いてくれた子どもさんも何名もいたようです。
皆さん、ありがとうございました
頂いた感想は、岡山備中県民局さん、倉敷市農林水産課さん、JA倉敷かさやさん、生産者の方に
お届けしたいと思います。(お名前はふせています。)


自分達が生活している地元の農産物を知り、地産地消が根付き、いい食環境が子ども達の
周りをとりまきます様に・・・


 余談ですが・・・
5品の試作、有井先生お疲れ様でした(笑) 
試作期間は家中ごぼうの香りが漂っていてワタシ(hori)もたくさん試食させてもらいましたよ!

やっぱり、何かが足りん。こうしてみようか?? あなた、どう思う
このメニューだとあの作業が出来るな・・・そんな作業が教室前は続きます(笑)

大変な作業ですが、お仕事として当たり前のこと。でも、それ以上に教室に来てくれる子ども達に、
連れて来てくださる保護者の方にいいものを提供したい・・・そんな気持ちで教室は続いています。

だから、有井先生もワタシ(hori)も教室を終えて出てくるセリフは『楽しかった~』なんですよ!!

今回もある子どもさんから・・・連島大学ごぼうの説明をしようとしていた時のことです。
『連島に大学(学校)なんかあったかな~??』と疑問の声
大学で作られているごぼうだと思っていたらしく、大爆笑でした

こんな可愛らしい、おもしろいエピソードも一杯。いつも楽しい教室です


今回もたくさんのご参加を頂き、感想まで送っていただきありがとうございました。

また、教室で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています


                             by hori


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。