2012年7月 「わくわくキッズ☆キッチン」開催のお知らせです

   第77回  わくわくキッズ☆キッチン 『ロコモコランチ』
            ロコモコ/野菜のスープ/ひんやりデザート

   日 時 : 2012年 7月15日(日)/16日(月・祝日)
          両日ともに午前(9:20~)・午後(13:20~)

   参加費 : ¥1200/1名につき (対象年齢 5歳~小学6年生)

   お申込み方法 : 7月2日(月) 18:00~ 
              教室携帯メール wakux2_kids@ezweb.ne.jp にて受付開始
              期日厳守でお願いいたします。期日前のお申込みは無効とさせて頂きます。

   お問い合わせ : 当教室へ初参加の方は期日前に教室携帯にご登録頂けると
              受付がスムーズに出来ると思います。詳しくはホームページをご参照下さい。
              お電話でのお問い合わせも受付けています。080-6330-9887(非通知不可)

      皆様と教室でお会いできるのを楽しみにお待ちしています

      よろしくお願いいたします
スポンサーサイト

   前回のキッズ☆キッチンでもお知らせさせて頂きましたが・・・

   わくわくキッズ☆キッチンでは、いろんな方々とのご縁が繋がりまして・・・

   自主上映映画「うまれる」の後援・協賛をさせて頂く事になりました。

   子宮出身のすべての人たちへ贈る感動のドキュメント・・・
   この映画「うまれる」は、命を見つめる4組の夫婦を通して、【自分たちが産まれてきた意味や家族の絆、
   命の大切さ、人との繋がり、そして、“生きる”ことを考える、ドキュメンタリー映画】です。


                    ev6_img03.jpg

   自主上映を企画されたのは総社地区を中心に集まった
   「うまれる」上映実行委員会 ままくる のママさんたち、十数名。

   一歳以下の小さなお子さん連れの方も沢山いらっしゃるのに、皆さん一生懸命動かれていて、
   「一人でも多くの方にこの映画を見て頂きたい」という熱意が伝わってきます。

   詳細は、下記の通りとなります。
   わくわくキッズ☆キッチンでもチラシ、チケットのお取り扱いをさせて頂きます。
   お問い合わせ等、遠慮なくお尋ねくださいね。


   日時 : 2012年8月26日(日) 10:00/14:00
           両時間とも赤ちゃんと一緒に鑑賞できるママさんタイムを実施します。

   場所 : まびいきいきプラザ 倉敷市真備町川辺2271  (086)698-1555

   チケット : 前売り1000円(当日1200円)、中学生以下500円、0~3歳無料(保護者の膝の上で鑑賞)

   お問い合わせ先 : 「うまれる」上映実行委員会 ままくる 090-5695-7840
              : わくわくキッズ☆キッチン/堀 麗子  080-6330-9887(非通知不可)
                                     wakux2_kids@ezweb.ne.jp

          

   6月23日(土)、キッズ☆キッチンの教室が終わった後、二人で大急ぎで早島に向かいました。

   早島にある「ゆるびの舎」で横峯吉文先生の講演会があったからです。

   ヨコミネ式

   メディアでも多数取り上げられているので、ご存知の方も多いと思います。
   横峯先生は、あのプロゴルファーの横峯さくらさんの伯父様。
   鹿児島県志布志市で3つの保育園、学童保育などを運営されている理事長先生です。

   私もTVでも書籍でも拝見したことがありますので、この講演会をとても楽しみにしていました。

   自ら学ぶ子どもに育つ「ヨコミネ式」学習法とは?

   我が子はもはや、中学生・・・・
   ヨコミネ式で学ぶ事は出来ませんが、子育て奮闘中の親として、ヒントが一杯の講演でした
   なるほど~と考えさせられ、やっぱり・・・と反省させられ・・・親も日々、学びです・・・・

   倉敷でも「ヨコミネ式学習教室」が開校されているようですよ「啓心塾」さん。
   ご興味のある方、検索してみて下さいね


                                             by hori




   

  6月のキッズ☆キッチンの後、嬉しいメールがいくつか届きました

  23日(土)に参加してくださったIさん姉弟 日曜日の朝にメールが届きました。


     今朝、1時間かけてK(お姉ちゃん・2年生)が4人分の朝食づくりに挑戦しました。
     昨夜は、二人が今日のお料理教室の朝ごはんを明日の朝、作って良い?って言い出したので
     夜のうちに味噌汁のいりこを小さくしておいたらと二人でやってくれたのですが・・・
     だんだん量が増えて、朝の味噌汁にはいりこ一杯でしたが、初めてのKの一人での朝食作りに
     感動でした
     Y(弟くん・年長さん)は、卵を割る作業を手伝っていました。
     
     教室に行かせて良かったなぁって本当に思います。
     ありがとうございます
     我が家だけだったら、2年生で朝食を作るっていう経験をさせてやる事なく成長してた気がします。

     メニューは・・・梅干入りおむすび・目玉焼き・なすの浅漬け・木綿豆腐とわかめのおみそ汁


     Iファミリー DSC_0064.jpg DSC_0070.jpg

  教室で作ったメニューを完璧に再現できていますね~
  Kちゃん、Yくん、がんばりましたすばらしい
  美味しい朝食をご家族で囲む姿が目に浮かびます。
  協力して頑張った二人がすばらしいのはもちろんの事、それを実践する機会を与えて、
  環境を作ってあげたお母さんもすばらしいですよね
  習って、すぐに・・・は効果的ですよね


  24日(日)に参加してくださったFさん兄妹24日夜にメールが届きました。

      早速、我が家も忘れないうちにお味噌汁の復習をしてもらいました。
      材料は、今日使ったくらいの量で、と言って、じゃ。買い物行ってくるねー。と任せて出ました。
      きっと帰ったらいりこをまだ処理しているんだろうな。と思いながら帰宅するとすでにだしをとり、
      材料も何個か切れていました
      すごいじゃなーい。
      とその後も二人に任せ、お味噌汁も無事完成しました。
      だしのいりこは取り出しましたが、T(お兄ちゃん・5年生)がそれにお醤油をかけて、もう一品に
      なりました
      完成したお味噌汁は私の作ったものよりおいしかったです

      今回、すべての行程を自分たちでできたのがすごく良かったです。
      そばで見ていて、前より、年齢が上がったこともありますが、手際がよくなったなあと感じました。
      やっぱり、続けて教室に参加している成果かな?
      R(妹さん・3年生)は最近、よくお料理を手伝ってくれますが、これからももっともっと、
      レパートリーを増やしていってほしいです
      Tも5年生、調理実習も始まり、自信になると思います
      ありがとうございました

     
  こちらこそいつもありがとうございます
  帰って、そく実践 Tくん、Rちゃん、お母さん大喜びだね~
  とりだしたいりこを捨てずに一品にしてしまう応用力。
  子ども達に任せてしまえるお母さんの懐の深さ。いつも感心させられます。
  ぜーんぶ子どもたちの中に残っていってますね

  24日(日)参加してくださったNちゃん 翌日メールが届きました。

      N(1年生)、すごい美味しかった!と喜んで帰宅しました。
      昨日は、下の子が調子悪かったので、主人が行かせて頂いたのですが、
      「すごい楽しかった」とテンション高く色々報告してくれました。
      また、行くかも・・・です
      今後ともよろしくお願いいたします。


  お父さんの付き添い、ありがとうございました。
  長時間の教室なので、お疲れじゃなかったでしょうか?
  写真に撮れなかったのが残念ですが、お父さんとっても丁寧にNちゃんに手を添えて
  教えていらっしゃいましたよ。

  教室へのお父さん方の参加、大大歓迎です


  みなさん、嬉しいメール本当にありがとうございます。
  教室で一度やってみた事をすぐに復習するとどの子も結構、出来たりします。

  そして、出来上がった食事を家族のみんなが「すご~い!美味しい~!」といってみんなで食べると
  やる気スイッチがパッチンと入るんではないでしょうか?
  子ども達は、楽しいこと、嬉しいことは繰り返し繰り返しやりたがりますよね!

  すべてのメニューは難しいかもしれませんが、一品でも家族のために作ってもらえると嬉しいです
 
     

  
  かつお節の話の続きです。。。

  今回、教室でかつお節の話をするときに 『はなちゃんのみそ汁』 という本のご紹介をさせて頂きました。

 はなちゃんのみそ汁

  がんで逝った33歳の母が、5歳の娘に遺したもの――

  《きっかけは、私の病気でした。
  私がいなくなっても、料理ができる旦那なら、安心です。
  なぜなら、ご飯を作ることは、生きることと直結しているからです。
  ムスメにも、包丁を持たせ、家事を教えます。
  勉強は、二の次でいい。
  健康で、生きる力が身についていれば、将来どこに行っても、何をしても生きていける。》

  残念ながら、はなちゃんのお母さんは亡くなってしまいましたが、現在9歳になったはなちゃんは
  今でも毎朝、かつお節を削り、お父さんと自分のみそ汁を作っています。

  わたし自身、我が子たちに何を残していけているかな・・・と考えさせられる一冊です。
  みなさんも是非、手にとって見て頂きたいです。


  6月は食育月間だから、という訳ではありませんが、「食を育む」 という事に対していろんな角度から
  考えるきっかけになれば・・・と思います。 


  最後に、お知らせを忘れるところでした

  6月24日(日)午前の教室に倉敷ケーブルテレビさんが取材にこられました。

6.jpg

  急に決まったお話だったので、事前にお知らせできなくて申し訳ありません。
  取材内容は24日(日)KCTワイドニュースで放送されました。
  後日、「食育特集」の番組で放送される予定だそうです。
  詳細が決まり次第、またお知らせさせて頂きます。

  6月のキッズ☆キッチンも多数のご参加、本当にありがとうございました。
  また、教室でお会いできるのを楽しみにしています

   6月23日(土)24日(日) 第76回 キッズ☆キッチンが開催されました。

   今回のテーマは・・・『自分の朝食を作ろう』

    DSC_0063s_20120626205816.jpg


   そうです 6月は食育月間です。
   毎年6月の教室は、この食育月間にちなんだメニューになっています。

    おむすび & 削り節ご飯
    おみそしる
    目玉焼き
    なすの浅漬け

  このように、とってもシンプルなメニューですが、通常の教室と違う所は・・・

  おむすびやお味噌汁の具材を自分達で選ぶこと
  おむすび  → サケ・塩こんぶ・梅
  お味噌汁 → お野菜約15種類から3種類チョイス(とうもろこし・アスパラなんかもありましたよ)
           → 豆腐(もめん・きぬ)・あげ・乾物類から2種類チョイス
   いりこを丁寧に処理して粉々にくだいて全ていただきました。
           
  そして、お野菜は切り方なども考えなければいけません。 (短冊切り?いちょう切り?輪切り?)
  それを班単位で最高学年の子が中心になって話し合い、班毎に違う味わいのお味噌汁ができました。

  もちろんスタッフが入ってアドバイスしながら・・・の作業です。
  自分でつくりあげるには「考える」作業は不可欠ですよね

  今回、どの班も決めることにかなり時間をとっていました。

  そして、今回の 秘密アイテム  本枯れ節
  有井&堀姉妹の私物ではありますが、是非是非教室の子ども達、お父さんお母さん方にも体験して
  頂きたく、みーんなでシャコシャコ削ってもらいました
  本場、土佐の本枯れ節です。

    DSC_0055.jpg
    DSC_0067.jpg

  子ども達はもちろんの事、お父さん、お母さん方もほぼ全員の方が初めての体験
  スーパーで売られているパックに入った花かつおと同じ食材だということに驚き、かつお節の硬さに驚き、
  上手に削る力加減に悪戦苦闘されていました!!お父さんも参戦です
  削りたてのかつお節は炊きたてご飯にほんの少しのせて、お醤油をかければ
  贅沢なおかかご飯の出来上がりです。
  作り手の方曰く、この食べ方が一番美味しいそうです
  子ども達は美味しいものはよーく知っています。おかかご飯はあっという間に完食されていました
  
                                                     (その2へ・・・)
  
   

  

  皆様こんにちわ
  『わくわくキッズ☆キッチン』です。

  教室が始まって6年半・・・
  のべ1000人以上のキッズとご父母の皆様とのご縁を頂いてきました。
  本当にありがとうございます

  ご縁のあった方々から「ホームページは?」「ブログは?」と尋ねられる度に
  「すみませ~ん」と謝ることも度々ありました。

  重い腰を上げ、や~とホームページとブログが出来ました

  教室のお知らせや様子など綴っていきたいと思います

  よろしくお願いいたします
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。